【2014年夏イタリア訪問5】長靴のかかと、プーリア州で南イタリア料理に魅せられる


 

 

トスカーナ州フィレンツェ周辺での2つの農園を訪ねてオリーブ農園と言ってもオペレーションに関する考え方は色々だなあと実感しました。2日目の農園を訪問したらこの足で再びローマに向かわなくてはなりません。PM2時過ぎにトスカーナ州のオリーブオイル協同組合で搾汁設備の説明をしてもらってからフィレンツェ駅近くのレンタカー屋さんに車を返却に向かいます。全く観光はしていませんでしたが、ここで初めてフィレンツェの美しい街並みを目の当たりにします!!

firenze1_italy_convert_20140724234902

駆け足でここまで来たのでジェラートで一休み。風で溶けまくってますが・・・個人的には甘過ぎて都内の某ジェラート屋さんの方がさっぱりとして個人的には好みかなあ。

firenze2_italy_convert_20140724235402

ということでフィレンツェを後にして高速鉄道でローマに向かい、明日の早朝便でプーリア州に向かうためそのままレオナルド・エキスプレス(成田エキスプレスみたいな電車。ローマはレオナルド・ダビンチ国際空港とも呼ばれているため)でローマ空港近くのホテルに。明日は早朝の便でプーリア州に向かいます。

 

開放的でリゾートっぽいプーリア州

http://www.dreamstime.com/royalty-free-stock-photo-italy-map-image12944775

※プーリア州は黄緑色の長靴のかかと部分

翌朝、20分遅れでバーリ(Bari)国際空港に到着すると訪問先のオーナーさんらが出口でにこやかに迎えてくれました。ここからアウトストラーダ(高速道路)に乗ってオリーブについて話しながら約1時間で農園につきました。

puria1_italy_convert_20140725001042

現在進行中の案件なのでまたしても詳細は書けませんが、ココが今回一番訪問したかったオリーブオイル農園なのです。オーナーさんはお若いですが、しっかりとしたモノ作りをされているようで事務所も工場内もキチンと整理されていてイタリアのイメージを覆す(ステレオタイプの先入観でスミマセン)ものでした。ランチに行く前に早速テイスティングをさせて頂きます。実は1泊2日で訪問したのですが、明日の朝一番の飛行機でローマに戻るため到着した日に工場と2つある農園見学を何とか全部こなす必要があります。といってもイタリアでは20時位までは明るいので農園見学などは十分行えるのです。

 

 

初めての南イタリア家庭料理に大満足

ランチには訪問先の農園メンバーが良く行くプーリア州の典型的な家庭料理の店に行きました。プーリア州家庭料理の特徴は前菜にあります。前菜として小皿料理が何品も出てきてそれをみんなでシェアしてその後、パスタ、メインと頂きます。遅めのランチなのでディナーに備えて前菜、パスタのみにしました。パスタには耳(イタリア語:オレッキ)の形をしたプーリア州の伝統的なオレキエッテを選びました。中が少し窪んでいてトマトソースに絡みやすくて美味しいです。

puria2_italy_convert_20140725001412

 

ところで実はイタリアの影響を受けてイタリア製パスタマシンを買うことを検討中!! (つづく)

★前回はコチラ!!

【2014年夏イタリア訪問4】トスカーナのオリーブ農園で頑固過ぎるオーナーに面食らう!!

 

カテゴリー: 2014年夏イタリア訪問   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です